+

HOME

もどる

 

 

 ウィンドーズXPがあとしばらくするとサポートを終了するとのこと。現在あるPCは4台、そのうち業務用が3台なのだ。以前からその噂は聞いていたので徐々にウィンドーズ7に機種を変更していたが問題がある。XPに使用していた多種雑多なソフトをWin7にインストールすると、ソフトによっては適合しなかったり不具合がでるようになった。しかたなく残り1台のXPで何とかしのいでいたが最新のソフトはXPに対応しなかったりする。

 

 これでは業務にならない。それもあるが事務所のホームページ作成ソフトもXPやWin7でも不具合が出るようになりWEBのアップや更新ができなくなった。これはこまった。最新の情報や訂正などがWeb上に掲載ができないのは痛い。

 

 いままで使用していたWeb作成ソフトはAdpbe社のGoLiveCS2なのだ。CS2のバージョンが古いのかと考えWebサポート検索してみる。CS2のバージョンは、もはやCS9にまでアップされ最悪なことに販売が中止されたとのこと。

 

Adobe社曰く。

 

  ・・・・{・販売終了のお知らせ?2008年4月28日

アドビでは、長年皆様にご愛用いただいたWebオーサリングアプリケーション、AdobeR GoLiveR 9の開発および販売を2008年4月28日をもって終了いたしました。今後は、Webデザイン・開発アプリケーションとして市場をリードするAdobe DreamweaverRの開発および販売の拡充を図ってまいります。Dreamweaverは、Adobe Creative SuiteRによってサポートされるWebおよびクロスメディアワークフローにおいても、また、Adobe FlexRやAdobe AIRRといったアドビのRIA開発プラットフォームにおいても、重要な役割を果たしています。Dreamweaverに注力することにより、魅力的なWebサイトやアプリケーションを作りたいというお客様のニーズに一層お応えできるものと確信しております。}  ・・・・・・

 

「 なんだと~ 」。そんなの聞いていない。しかも、2から9にまでバージョンが進化していたなんて思いもしなかった。今現在、2013年4月16日だ。13から8を引くといくつだ。・・・・・・なんと5年も開発終了廃版旧式ソフトを使用していたことになる。これではXPもWin7も、受け付けるはずがない。そんなわけなのでホームページの更新がしばらく出来なかった。しかし、この状況はまずい。この際、Win7バージョンにソフトを統一することにした。大変残念だがXPバージョンしか受け付けないソフトは あきらめることにした。

 

 GoLive CS2の代替品 として上記のDreamWeaverCS6をアマゾンから購入し、マニュアル本も仕入れた。2~3日して届いたがマニュアル本をパラパラめくりガッカリした。高額な上にシステムの内容がかなり高度でめんどくさい。「このソフト自分には、むつかしすぎる 」

 

1. Dreamweaverとは?
  Dreamweaverとは?
  ようこそ画面について
  WYSIWYGのHTMLエディターの利点
2. サイトの定義
  サイトの定義
3. HTMLの編集
  HTMLの新規作成と保存
  テキストの入力
  プロパティインスペクターとマークアップ
  コードビューを用いた編集操作
  特殊文字の指定
4. 画像の挿入
  画像の挿入
  画像の最適化とスマートオブジェクト
  HTML 5でのビデオコンテンツの挿入
5. リンクの設定
  リンクの設定
  相対パスと絶対パス
 
1. CSSの基本
  CSSとセレクタ
  CSSとボックスモデル
2. CSSを用いたレイアウト作業
  Divタグの挿入
  ドキュメントへの埋め込み
  外部スタイルシートの利用
  ボックスのルールの記述
3. 機能を用いたCSSの編集
  コードナビゲーターとCSSの有効化と無効化
  CSSインスペクト
  複数クラスの適用
  CSSトランジション
4. ファイルのアップロード
  クロークの設定
  サイトのアップロード

 

 こんなの解るはずがない。HTMLがどうたらCSSがこうたら意味わからん。以前のソフトはぶっつけ本番でやっているうちにこつがつかめてきたが今度もこの手でやっつけるしかない。いまさらWEB理論を解釈する能力もヒマもない。たぶんなんとかなるものだと思う。それにしてもあのGoLiveCS2は使い勝手が良かったし、慣れていたのに残念だ。

 

 そこで、マニュアル本の目次をとばし、必要最小限使用する項目を探し出し目をとおして見るが、2.3ページでメガネをはずし、眉間に指をあてるしまつ。専門用語が大半で展開が飛びすぎる。なかなか内容に入れない。同じ本棚に村上春樹著作の「 遠い太鼓 」があるが、その本より厚くサイズも大きい。「遠い太鼓 」は、20数年前一気に、むちゅうになって読み込んだ覚えがある。本は本でもえらい違いだわい。

 

 今回のWin7対策ソフトの購入は、多大なる出費になりそうだ。しかし、業務用ソフトを優先せざるを得ない。それにしても、舞黒ソフト社の配慮のなさに頭にくる、舞黒ソフト・オフィス2010も費用がかかった。亜土日社もしかりだ。亜土日アクロバット10も新調となった。しょうがなく買わざるを得ないWebソフトにも苦労させられる。

 

 世界的・ソフトメーカーの気まぐれに翻弄される一般ユーザーは、参っているのだ。なにに参るか?・・・・多額の費用もそうだが、一からソフトの勉強と時間の浪費に参ったーするのだ。

 

 ・・・・因みにこのWebサイトは新しく購入したAdbe Dreamweavr CS6 を使用して作成してみました。眼底疲労と頭痛及び精神的疲労の後遺症に参りながらも。

 

 

 

 

 

        ・ 番外編 詠み人知らずパート2

 

 

Windows&Adobeはウィルスか?
そんな思い込みをしている人がいるが答えはもちろんNOである       
ウィルスとはどういうものかを考えればわかることだ


1. ウィルスはあっという間に増殖する - Windows&Adobeもする
2. ウィルスはシステムリソースに負担をかけ、重くする - Windows&Adobeもする
3. ウィルスはハードディスクを勝手にむしばむ - Windows&Adobeもする
4. ウィルスは他のプログラムの動きを悪くする - Windows&Adobeもする
5. ウィルスはユーザーのことは考えない - Windows&Adobeも考えない


ここまでは同じだが、Windows&Adobeとウィルスが決定的に違うことがある。


ウィルスはほとんどのシステムで走るように作られ、コンパクトで効率的。
さらにバージョンアップするにつれて洗練されてくる。


よってWindows&Adobeはウィルスではない

 

・ webページ作成の難